冬にかかりやすい病気

冬にかかりやすい病気

読者の方々は、普段から健康に留意して過ごされているので、お正月も心身ともに健やかに迎えられたことと思う。しかし高齢者にとって一番つらい、体に応えるのは今の時期であろう。ちょっとした気の緩みで風邪を引いたり、寒さのために体のあちこちが痛み始めたり、誰にも思い当たる節があるだろう。今回は今の寒い時期に高齢者に起こりやすい病気について、その予防法をまとめてお伝えしよう。

ヒートショック

暖房の効いた暖かい部屋で過ごしていて、トイレに入ったり、風呂に入るため脱衣所で服を脱いだりしたときに、寒くて身震いをするような経験はないだろうか。外出をする際にはコートや手袋、マフラーなどで身支度をするが、トイレに入る際、ましてや風呂に入る際には、何の準備もなく、突然寒い場所に身をさらすことになる。暖かい場所から急に寒い場所へ移動すると、血管が収縮して血圧が急上昇することがある。また入浴の際には、寒い思いをして服を脱ぎ、そこから急に熱い湯船に入ると、逆に血管が拡張して血圧が急低下することになる。

このように、激しい温度差によって血管が収縮・拡張をして血圧が急変動することを「ヒートショック」と呼ぶ。血圧が急上昇をすると、脳内出血や脳梗塞、心筋梗塞など重大な疾患を引き起こす可能性があるため、とても危険な状態なのだ。ヒートショックは、もともと高血圧や糖尿病、動脈硬化などがある人に起きやすいが、高齢者も影響を受けやすいので注意が必要だ。

では、ヒートショックを予防する方法をまとめてお伝えしよう。おもに風呂に入る際の注意となる。

<続きはこちら>
日本老友新聞 ro-yu.com「冬にかかりやすい病気」

冬にかかりやすい病気


プロフィール

日本老友新聞 ro-yu.com

日本老友新聞は、高齢者向けニュースの他、健康や医療に関する情報、短歌・俳句・川柳・書道など、趣味のコーナーも充実した日本唯一の高齢者向け新聞です

http://www.ro-yu.com/

この投稿者のコラム

投稿はありません

ページの先頭へ