整体でよからいふ-その2-

 こんにちは。天心堂 幸田です。まずは3月11日に発生した「東北関東大震災」で被災された方々にお見舞いとお悔やみを申し上げます。今回は大きな自然災害が人体に与える影響とその対処法についてお伝えしたいと思います。

 地震によって生じる体の変化。それは他でもなく「強い不安」です。「また余震が来るのではないのか?」「この後、生活はどうなるのだろうか?」という不安が生じます。地震に限らず、台風や噴火などによってもこの「強い不安」は生じます。生じた不安が反映される箇所が人体にはあります。それは背中です。もっと詳しく言うと、脊椎という骨のことです。「父親は背中で子供を導く」という言葉もありますが、背中は表情以上に心理状態を表します。特に肩甲骨の中間にある胸椎に顕著に表れるのです。
 不安を抱いている方はここがカチカチになります。まるで板を上胸部に入れたような固い背中になっているのです。このような状態になると、睡眠が困難になり、眠っても寝た気がしない浅い睡眠しか取れなくなり、疲労が取れず疲れが常にある状態です。例えるならば準備が不安なまま迎えた試験前日や重大な発表会前夜のような心境です。 この状態が続くと体力が奪われ、さらに深刻になると渋り腹になることもあります。

 不安から体を守る方法を3つ挙げました。ご自身に合いそうな方法を採用して頂ければと思います。

  • 必要以上にニュースを追わない

    続々と報じられる悪いニュースを取り込み続けると心理的負担が大きくなり、それらは新たな心労となります。ニュースは必要最低限とし、災害事象との程良い距離感を保ちましょう。もちろん避難や防災準備はしっかりして安全を確保してください。

  • リラックス体操をする

    『本当のリラックス体操』と題して、4つ程の運動を私のHPにある「プレゼント動画」で紹介しています。特に初めの2つが大事です。この体操で感情のコントロールを取り戻して下さい。肩甲骨周りや上胸部の力みが取れ、睡眠が深くなります。

  • 脚湯をする

    気分が落ち着かないときは、同じくHPで紹介している「脚湯」をして下さい。かなり気分が変わります。もしくは脚のかわりに肘から手の指先までの「肘湯」も効果的です
    天心堂HP:http://www.tensindou.info

 今回の震災により、福島原発から放射性物質が放出されるという事故も発生しました。正確な被害規模はわかりませんが、万が一に備え自分が安全か否か見極める方法と、 放射線対策を私のブログに写真付きで掲載いたしました。

天心堂 幸田ブログ:http://ameblo.jp/seitailabo/
『放射線を解毒する』と題名がある日記です。ご参照ください。

 気象庁から更なる余震に関する情報が発せられるなど色々な難関があると思いますが、体を整えて乗り切っていただきたいと思います。日常的な不安や心配事についても、是非本コラムの知識を使ってみてください。それでは、また次回。


プロフィール

幸田 直樹(整体道場 天心堂)

1977年(昭和52年)、生まれは健康だったが、心身両面の危機を経験。その後、数々の医薬、療法、良師に恵まれ、本家本元の整体と巡り合い、再生。 現在、整体士として活動中。 「変えられない人生はない」「人は治るようにできている」を実証・実感。日々楽しめるようになり今日も闊歩している。

セルフ整体道場 新宿・天心会:http://www.tensindou.info/

この投稿者のコラム

ページの先頭へ