ゴルフでよからいふ

梅の花の紅白が鮮やかな色をつけ、春の息吹が聞こえてくるようになりましたね。外を歩いているのは気持ちが良いものです。ゴルフ歴21年、某ゴルフメーカーにて女子プロゴルファー担当をしていたゴルフコーディネーター吉澤慎太郎と申します。

みなさまは毎日どのようなことをして過ごされていますか?カラオケや韓国ドラマなどの身近なエンターテイメントが巷には溢れていますが、時には「ゴルフ」もいかがでしょうか?

仕事の付き合いで何度かやったけれど上手くいかなかった、今からじゃあゴルフなんて難しい、車が無いから簡単にはいけない、いろいろ費用がかさみそう・・・という方も多いかと思います。そんなイメージを払拭していただくために、よからいふ世代の皆さんがより手軽に楽しめる最新ゴルフ事情をお知らせして行きたいと思います。
第一回目となる今回は最近のゴルフ場の予約事情について触れていきたいと思います。

golf002

石川遼選手の活躍によってテレビでもゴルフの話題を目に耳にする事は多いかと思います。しかし、行かなくなってしまった方、されない方のお話を聞くと「お金がかかる」「道具が無い」「難しい」「歩くのが大変」「一緒に行く仲間が揃わない」などの多くの理由があることに気付きます。

最近のゴルフ人気でゴルフ場の利用料金が高くなっているとイメージされている方が多いと思いますが、実はそれほどでもないのです。バブル景気崩壊後の長引く景気低迷でゴルフ場の倒産・買収などが続き状況が大きく変わりました。特に平日ゴルフが可能なよからいふな皆様にとって、ゴルフはとても手軽になりました。外資系2大ゴルフ場グループの誕生によりプレー料金は大幅に安くなり、平日は4000円、5000円台の料金も珍しくなくなりました。

また、ゴルフカートの普及も広まり、コースのフェアウェイの中にまで乗り入れられるコースも出てきています。歩く距離が少なくて済みますし、坂の上り下りで疲れてしまう事も少なくなりました。

ちょっと余談ですが、アメリカでは夫婦連れだってコースにやってきて、旦那様はプレーに勤しみ、奥様はゴルフカートを運転したり、時折読書など交えつつ自然の景色を楽しみ、ご飯時は持参したランチボックスを広げて一緒に食事する。このような素敵な光景を良く見かけます。日本でも外資系グループのコースは、セルフプレーが大半になってきているので、気軽に問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。
「PGM」では御一人様予約というサービスも始めています。一緒に行っていた仲間がゴルフをしなくなったから行かないなどという場合には、お一人様どうしでのプレーで新しいゴルフ仲間と出会うのも一つの楽しみになりますよね。

golf003

インターネットが普及したことでゴルフ場の予約も簡単になり、格安プランやシニアプランなどを手軽に予約できるようになりました。こちらを利用すれば昔憧れのコースや突然行きたくなったときのお得プランも簡単に見つかりますし、御一人様プラン、ご夫婦お二人でのプレープランを見つけて、すぐ予約することも可能です。

明日の天気が良さそうだな!という時に、手軽に調べてふらっと春の芽吹きを自然の中に感じながら、食事をしてくるという感覚でゴルフ場に遊びに出掛けてはいかがでしょうか。


プロフィール

吉澤慎太郎(ゴルフコーディネーター)

昭和49年生。幼少期より父のゴルフ練習などに連れられ、16歳の時に父の指導の下、コースデビューし競技ゴルフに目覚める。法政一高ゴルフ部入部。関東ジュニア大会決勝進出。 大学卒業後、アメリカ本土(西海岸)へ数回のゴルフトリップを経て、某ゴルフメーカーへ女子プロゴルフトーナメント担当として入社。小林浩美、東尾理子、諸見里しのぶなどの用品サポート担当を勤める。その際、ガイアの夜明けへも出演。その後、レッスンプロマーケティングプロプログラム、プロアマトーナメント開催、クラブフィッティングプログラムなどを手掛ける。また、「GSA」「Room to Read」などの社会貢献活動も行う。

Twitter:http://twitter.com/Shintaro74_0112

この投稿者のコラム

投稿はありません

ページの先頭へ