遺言書がなかったための悲劇~B子さんの場合~

B子さんの夫Aさんは、自宅(土地・建物)2,000万円、預貯金1,000万円、
合計3,000万円を残してお亡くなりになりました。
夫Aさんのご両親は既に他界していて、お二人の間に子どもはいません。

B子さんは、「相続人は私1人だけ。夫Aさんと二人で築いた自宅と預貯金は、全部自分が相続できるもの。住む家と預貯金1,000万円があれば、現在自分が受け取っている年金と合わせて何とか老後は安心だろう。」と思っていましたが…

B子さんが自宅と預貯金の名義変更を始めようとした時、夫Aさんの弟Cが突然やってきて、次の主張をしました。
「Aさんの相続の権利は兄弟にもあるので、分けて欲しい!」と。
B子さんの思いと、弟Cの主張、どちらが正しいのでしょうか?

子どもがいない夫婦の場合、法定相続人は配偶者と兄弟姉妹

登場人物の関係を図にすると下記のとおりです。(図1参照)

図1 関係説明図

図1 関係説明図

民法が規定する法定相続人は、子どもがいないご夫婦の場合、配偶者と兄弟姉妹になります。そして、各人の法定相続分は、配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1となります。(図2参照)

図2 法定相続人と各人の法定相続分

法定相続人 各人の法定相続分
配偶者と子ども1人 配偶者:2分の1
子ども:2分の1
配偶者と実親 配偶者:3分の2
実親:3分の1
配偶者と兄弟姉妹 配偶者:4分の3
兄弟姉妹:4分の1

今回の事例の場合、弟Cは夫Aさんの相続財産3,000万円の4分の1にあたる750万円を取得できる権利があります。

結局、B子さんは夫Aさんの預貯金1,000万円から750万円を弟Cに分けました。B子さん相続分は2,250万円。かろうじて自宅は自分の財産になりましたが、預貯金は250万円になってしまい、B子さんの老後の生活設計は見事に狂ってしまいました。

相続財産が自宅のみだったらどうなった?

もしも、夫Aさんの相続財産が自宅(2,000万円)のみの場合、どうなるのでしょうか?

弟Cは夫Aさんの相続財産2,000万円の4分の1にあたる500万円を取得する権利があります。
B子さんは自宅を売却して現金を捻出し、500万円を弟Cに渡すことになります。そして、B子さんは住み慣れた家を失うことになってしまいます。

夫Aさんが預貯金を残しておいてくれたことで最悪の事態を避けることができました。しかし、今回の相続はこれで終わったわけではありませんでした。

相続人である兄弟姉妹が夫よりも前に亡くなっていた!

ある日、夫Aさんの姉Dの子E(夫Aさんの甥)が突然やってきて、こう主張しました。
「自分にも相続権があるので、財産を分けて欲しい。」と。

そうです!
相続人である兄弟姉妹が夫Aさんよりも前に亡くなっている場合には、兄弟姉妹の子(甥・姪)に代襲相続人として相続権があります。(ただし、甥・姪が亡くなっている場合は、甥・姪の子に相続権はありません。)
B子さんたちは既に亡くなっていた姉Dの存在をすっかり忘れていました。

結局、また遺産分割協議をやり直すことになってしまいました…。

今回、夫Aさんの相続にあたり、法定相続人はB子さん、Cさん、Eさんの3人となります。(図3参照)

図3 夫Aさん 相続人関係説明図

図3 夫Aさん 相続人関係説明図

このようにならないためには、夫Aさんは生前にどのような準備をしておけばよかったのでしょうか?

答えは、夫Aさんは、財産のすべてを妻B子さんに相続する旨の遺言書を作成しておくべきだったのです。

B子さん夫妻のような子どもがいない夫婦のほかにも、下記に挙げる方も生前遺言書を残さないと相続手続の際に困る可能性が高いと予想されます。
是非準備をしておくべきです。

  • 複数の子どもがいる夫婦
  • 相続人がたくさんいる方
  • 内縁の妻がいる方
  • 独身で身寄りがない方
  • 配偶者と離婚調停中または別居中の方
  • 再婚をした方
  • 病弱または障がい者の家族がいる方
  • 行方不明の相続人がいる方

次回は、遺言書について解説をしていきます。


プロフィール

茂木 高次(一般社団法人 全国相続支援協会 理事長)

一般社団法人 全国相続支援協会 :http://zensoukyo.org

この投稿者のコラム

投稿はありません

ページの先頭へ